Website Toppage フォト短歌 1日1首を基本にフォト短歌を作成しブログに投稿してますが、その中の特に気に入った作品を月毎に纏めています

フォト詩歌 フォト詩歌は詩情がそそられた時に、詩を書き、それに短歌を添えたものを写真に収め加工したものです

ユーチューブ動画 フォト短歌やフォト詩歌を中心に、時折り動画を交えながら、それにBGMを添えたものをYouTubeに公開しています

自己紹介 当ホームページの管理者であり、フォト短歌作者の自己紹介、短歌や写真に対する思いや趣味なども掲載しています
過去の新聞掲載記事など>>

リンク集 私のお気に入りのリンク集



You Tubeコーナーにようこそ!

当コーナーはフォト短歌やフォト詩歌を中心に、動画なども組み込み、そこにBGMを流したものをYouTubeに公開している作品です。       YouTubeの画質調整方法>>
フォト詩歌「薄紅の空」 稲穂は黄金色に色づき 重そうに頭をもたげている ススキも陽の光を受けてキラキラと輝き 褐色の淡い光を放っている 満面と水を湛えたスカイブルーの湖面には こかぜになびきながらキラキラと輝き 郷愁をゆらゆらと放っている 空を見上げれば筋雲やいわし雲が 尾びれを左右に揺らしながら ゆったりと 詳しくは>> 岩手県一関市街地から北上川を挟み北東に約10km、北上山地南部の中腹(一関市舞川)に「みちのくあじさい園」があり、6月下旬から7月下旬迄の約1ヶ月間のみ開園し、一般公開されます。5百種6万株の紫陽花群が約4万5千坪の杉林一面に咲き誇ります。 そのあじさい園から南西に約2km、江戸時代の後期、山を開墾し 詳しくは>>
自作のフォト短歌やフォト詩歌をモチーフに、岩手の四季と題し、冬に関わる短歌5首。
春に因んだ短歌を5首。夏や秋を詠んだ歌を合わせて5首ずつ掲載し、後半は3・11東日本大震災の折り、7万本もあった高田松原の松が巨大津波で一瞬にしてなぎ倒され、その中で奇跡的に 詳しくは>>
平泉の文化遺産が世界遺産に登録され、3・11東日本大震災の影響で一時客足が途絶えはしたものの、国内外からの観光客も増えつつあるようです。
中尊寺の金色堂や毛越寺の浄土庭園など、歴史ある奥州平泉の文化に触れた後、期間(7月上旬~7月下旬)に限りはございますが、近く 詳しくは>>
過去に制作したYuoTube動画はこちらに纏めてあります。YouTubeマイチャンネル(過去の作品)>>
作品の殆どのBGMには、2tomさんこと川崎勉さんのオリジナル曲をお借りしています。心の琴線に触れる素晴らしい曲ばかり、何時聴いても癒され、悲しい時、苦しい時には本当に励まされました。 ツトムの癒しの「音楽実験室」>>

私の著書一覧↓
私の著書

<<ホームに戻る                   みちのくあじさい園の紹介>>